カンボジアからの技能実習生は評判が良好です

  • カンボジアからの技能実習生は評判が良好です

    • 日本が国家として行っている国際貢献の一つに、外国人技能実習生制度があります。
      開発途上国においては、国の将来を担うべき青年たちの能力強化のために、先進国にて進んだ技術や知識を学ばせたいとの考えがあります。

      そして、自国の経済発展を成し遂げたいと発想です。日本国としては、この要望に応えるために、日本国内の企業が開発途上国の人々を一定期間受け入れて、技能を習得してもらおうという仕組みが、外国人技能実習制度なのです。

      カンボジアやフィリピンなどから、多くの若者が来ています。


      これは、開発地上国側だけでなしに、受け入れる企業にもメリットをもたらします。


      まずは、職場の活性化が期待できる点です。

      カンボジアの技能実習生情報について詳しく解説しております。

      そして、技能実習生が職場に入ってくることで国際交流が進み、ひいては、企業の将来の発展に寄与するチャンスを増やします。

      カンボジアからの技能実習生は、日本で非常に好評です。

      というのは、カンボジア人は大半が仏教徒であって、日本人と同じ宗教的ベースを持っています。



      手を合わせて感謝の気持ちを示すポーズに好感を持つ日本人は少なくありません。



      また、年長者に対する敬意を持っている点も、日本人的な価値観に合致しています。さらに、日本はカンボジアに対する最大の援助国であるという点も、見逃してはなりません。


      この点でも、カンボジアの国民は日本人や日本企業には強い憧れの思いを持っているのです。多大の支援をしてくれている日本への恩に報いるためにも、日本で技能実習生として、学習と労働を希望する人がたくさんいます。